三和設備◆新見市下水道排水設備指定工事店

上下水道工事 下水道の説明イラストレーション
下水道施設は、市が設置して維持管理する『公共下水道』部分と、水洗便所、浴室、台所などから公共ますまでの個人が設置して維持管理する『排水設備』からなっています。
排水設備の工事は、市の指定工事店にご依頼ください。

公共下水道が完成して使用できるようになってから、3年以内にトイレは水洗に改造しなければいけません。し尿浄化槽は、公衆衛生上好ましくないので廃止しましょう。

浴室や洗濯などの汚水を道路の側溝や水路に流している場合は、公共下水道に直接流す排水設備を遅滞なく設置しなければなりません。
排水設備の工事は、建築物の所有者に義務づけられています。
排水設備工事の流れ
@ 市の指定した 指定工事店に工事の依頼をします。
A 指定工事店は排水設備承認申請書等を市に提出します。水洗便所改造融資斡旋制度をご利用される場合は申請します。排水設備承認申請書の作成、提出は指定工事店で行います。
B 市によって排水設備承認申請書の審査が行われ、合格すると排水設備工事許可書を交付します。
C 指定工事店によって工事が行われます。工事期間は2〜3日です。
D 市によって、排水設備工事完了の検査がされます。指定工事店は市への排水設備完了届、公共下水道使用開始届を提出し検査を受けます。
E 検査合格後、市から施主に排水設備検査済証を交付します。
排水設備工事にかかる費用は、各ご家庭によって大きくことなってきます。十分に検討され、ご家庭に合ったよりよいものを選ぶ必要があります。
汲み取り式から水洗式への工事には約50〜70万円の費用がかかります。これには、内装工事を同時に行う費用は含まれていません。
し尿浄化槽の廃止、及び接続替え工事には約30〜40万円かかります。
水洗便所改造資金融資斡旋利子補給制度

この制度は、処理区になるとトイレの水洗化が法律で義務づけられているため、皆様の経済的な負担をできるだけ少なくしようと定められた制度です。

手続き
融資額
改装工事1件につき50万円
1件とは,1戸のすべての便所の改装工事及びその他のすべての排水設備の接続工事をいいます。
利子補給
市が年度当初決定
償還機関
最高40ヶ月
償還方法
借り入れの翌日から元利均等月賦償還 1回の償還5,000円以上

Copyright(C)2015 SANWA FACILITIES Inc. All Right Reserved